電動カートのギモン

だれでも乗れるの?

 電動カートはどなたでも運転できます。電動カートはいわゆる「電動車いす」であり、道路交通法において 「身体障害者用の車いす」として規定されており、基準に適合する電動車いすの利用者は歩行者として扱われます。

道路交通法

(定義)

第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。


・・・(中略)・・・

十一の三  身体障害者用の車いす 身体の障害により歩行が困難な者の移動の用に供するための車いす

(原動機を用いるものにあつては、内閣府令で定める基準に該当するものに限る。)をいう。

 この項において、電動カートが「身体障害者用の車いす」であると道路交通法で規定されています。

・・・(中略)・・・

3  この法律の規定の適用については、次に掲げる者は、歩行者とする。

 一  身体障害者用の車いす、歩行補助車等又は小児用の車を通行させている者

 この項において「身体障害者用の車いすを通行させている者」(=電動カートを運転している人)を歩行者とすることを規定しています。  

免許はいらないの?

 電動カートの運転のために免許は必要ありません。一般の歩行者が道を歩く為の免許が必要ないのと同じです。

公道を走れるの?

 公道を走行できます。ただし道路交通法によって電動カートは「歩行者」と規定されているので、歩道を走行しなければなりません。 また、電動カートは「身体障害者用の車いす」の中でも「原動機を用いるもの」に該当するため、内閣府令で定める基準に従った構造でなければなりません。

道路交通法施行規則

原動機を用いる身体障害者用の車いすの基準

第1条の4 法第2条第1項第11号の3の内閣府令で定める基準は、 次に掲げるとおりとする。

一 車体の大きさは、 次に掲げる長さ、 幅及び高さを超えないこと。

 イ 長さ120センチメートル

 ロ 幅70センチメートル

 ハ 高さ109センチメートル

二 車体の構造は、 次に掲げるものであること。

 イ 原動機として、電動機を用いること。

 ロ 6キロメートル毎時を超える速度を出すことができないこと。

 ハ 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。

 ニ 自動車又は原動機付自転車と外観を通じて明確に識別することができること。

 この項において「原動機を用いる身体障害者用の車いす」(=電動カート)の基準が規定されており、車体の大きさや最高速度、車体形状などが 定められています。この基準に合致しているかどうかは公益財団法人 日本交通管理技術協会において審査され、基準に適合した車両には「TSマーク」が付与されます。

危なくないの?

 

 交通ルールを守って正しく運転すれば、危険ではありません。自転車やバイクは2輪で不安定であり、また「車両」に区分されるため車道走行が原則なので、 高齢者にとって安全な乗り物とはいえません。電動カートは4輪で安定しており、速度も遅く、歩道しか走行できないため、高齢者にとって自転車や バイクよりも安全な乗り物であるといえます。

 

 十数年前に、電動カートで走行中の高齢者が踏切を横断中に溝にタイヤを取られ、動けなくなって電車にひかれて亡くなる事故が発生し、社会問題となったため 「電動カートは危険」という印象を持つ方が少なくありません。残念ながら現在でも電動カートで危険な場所を走行して事故にあう高齢者がいらっしゃるため、これが全国 ネットで報道されることで「危険な乗り物」というイメージを持たれることが原因のようです。

 

 平成24年度の警察庁の資料によると、平成24年の電動車いすの交通事故数は215件、内死亡事故7件(財団法人 日本交通管理技術協会「電動車いすの安全利用に関するマニュアル」より)で、一方同年の自転車交通事故の内65歳以上の高齢者は 2万2873件、死者数は364人(警察庁交通局「平成24年中の交通事故の発生状況」より)で、自転車事故数の方が大幅に多いのです。 これは自転車の事故で65歳以上の高齢者が毎日亡くなって いるということであり、見方を変えると、あまりにも自転車事故で亡くなる高齢者が多い為、ニュース性がなくなって全国ネットでは報道されず、その危険性が一般に 認知されていないということなのです。

運転はむずかしいの?

 

 運転は簡単です。キーをまわして電源を入れ、前進スイッチを前に倒し、ハンドルのアクセルレバーを握るだけです。 ブレーキはアクセルレバーを離すと自動で電磁ブレーキがかかります。

 

 とれ蔵のアクセルレバーは手のひら全体でしっかりと握ることができ、握力の弱い高齢者でも楽に運転することができます。また右手が疲れたら左手に 持ち替えて運転することもできます。現在販売されている電動カートの中には、右手の親指1本でアクセルレバーを握って前進するタイプも流通しています が、指1本で握るため一見簡単そうに見えますが、10分も運転すると指が疲れてしまいます。これでは運転が大変ですね。

充電はどうするの?

 とれ蔵は家庭用の100Vコンセントから充電アダプターを介して充電できます。充電アダプターについているコネクターをハンドル基部の充電口に 差し込むと、自動で充電が始まり、満充電になると自動で終了します。充電口が高い位置にあるため、かがみ込まなくいいので楽に充電できます。充電時間は最大約6時間です。

どのくらい走れるの?

 運転する道路状況、運転の仕方、積載する荷物の量によって走行距離は変わりますが、約12km程度走行可能です。

スピードは速いの?

 前進間の最高速度は6km/h、バックは2km/hです。ハンドル部の速度調整ツマミで速度を調整できます。

荷物は積めるの?

 座席下に容量22リットルの買物カゴを搭載できるので、買い物など荷物の多いときのお出かけに便利です。付属のプラスチックカゴには畑で採れた野菜なども 入れて運ぶことができます。最大積載量は運転者の体重も含めて最大100kgです。

災害避難に使えるの?

 とれ蔵は津波等の災害時に、足の不自由な高齢者が安全・簡単・迅速に避難できるように設計されています。付属のプラスチックカゴに非常用品(水・食料、着替え、ライト等) を入れて玄関近くに準備しておけば、災害発生時に貴重品を持ってカゴを搭載して直ちに避難を開始できます。また避難の最中は混雑・混乱が予想されますが、避難ブザーボタンを 押すことによって避難の最中に断続的に警告音を発し、周囲に自車の位置を知らせながら安全に避難できます。また災害発生後の断水等の事態においても、重い水タンクを積んで楽に移動することができます。

中国製なの?

 日本製です。ベースとなるシャシーは、みちのくトレードと車体を共同開発した台湾の老舗電動カートメーカーの中国工場で製造し輸入されています。これに国内の工場に委託して 製造されたボディーカバーやシートフレームを組み込んで車体を組立て、お客様にお届けいたします。車体に不具合が見つかったときや改善が必要なときも、迅速に対応が可能です。
Copyright(c) MICHINOKU TRADE LLC. All right reserved.
PAGE TOP